料理好き – Passione tra i fornelli

料理好き – Passione tra i fornelliNorciaで出会った83歳の男性の話の続き。彼は、この地域でよく食べられるlenticchie(レンズマメ)のスープの作り方を私たちに教えてくれた。色々なこだわりの他、とにかくマメを水に浸しておくのが肝心ということだった。(私は小さいからという理由でレンズマメを水に浸さず煮込んでいたが、味に差がでるかもしれないと思った。)
Norciaの近くにCastelluccioという村がある。ここはレンズマメの一大生産地で、ちょうど6月の終わりから7月にかけてレンズマメの黄色い花が見ごろとなる。この一面の花畑が見たくて、車を借りてCastelluccioまで足を伸ばした。小さな村だったが、マメを売る店、レストラン、Bar,などがあった。住民はたったの8人というから、商売のためにこの村へ通う人がほとんどなのだろう。村のビューポイントとも言えるところまで上った後は中心地を散策。ここまで来たらマメを買わなくてはと、ある店に入った。店主の男性もまた、すぐにレンズマメスープの作り方を教えてくれた。あの話しぶりからすると、マメに料理していることが想像できた。

ローマでのある日、上階に住むアントニオさんからお手製のパスタ料理をいただいた。義母によると彼は料理上手だと言う。日本へ帰る前日、道で偶然会ったのでお礼を言うと、「あれは失敗作でね。本当はフレッシュトマトが必要だったけど、なくて缶詰のトマトを使ったから。」いえいえ、とても美味しかったですと言ったのだが、彼は首を横に振りながら、「もっと美味しくできるんだよ。小麦粉と水、卵をよく練って。。。」と手打ちパスタの作り方を伝授してくれた。
ん~、イタリアの男性は料理好きが多いな。

今週の格言 ” Guardati dalla peste e dalla guerra e dai musi che guardano per terra ”

(イタリア語講師 広瀬美穂)

Comments are closed.