男女平等 – Parità tra uomini e donne

男女平等 – Parità tra uomini e donne先日イタリアのラジオ番組で興味深い話を聞いた。それは下院議長を務めるLaura Boldrini氏の話だった。

イタリアにあるほとんどの道路や広場には男性の名前が付けられ、女性に捧げられた道路はわずか4%にすぎないという。しかも聖人の名前ばかり。イタリアで活躍した女性科学者や政治家は多くいるはずなのに、これではあまりにも公平さに欠ける。各界で様々な動きがある中で、カターニャの市長は将来的に街の道路や広場の50%を女性に捧げたいとしている。また、フォールミアの市長も22の道路や広場を女性に捧げると決めた。郊外にできる新しい道ばかりに女性の名前を付けるのものどうかと思うが、では現在町中にある道や広場の名前を変えるとなると、名前を付けられた本人が不満を言うことはできないにしても、その末裔などから文句が出る可能性はある。Boldrini氏によると、イタリアの議会で活躍する女性の数は3割にとどまり、仕事をする女性に限ると40%、イタリア南部ではわずか30%にすぎない。この数字はヨーロッパの中でも最下位に近い。 男女不平等の話として、職業を表す言葉が例に出た。工員はoperaio(男性形)、operaia(女性形)、農家contadino(男性形)、contadina(女性形)、ここまでは誰も文句は言わない。ところが、弁護士になるとavvocato(男性形)がよくて女性のavvocataでは顔をしかめる人がいる。税理士notaio(男性形)はあってnotaia(女性形)はピンとこない。市長sindaco(男性形)はよくてsindaca(女性形)は?Crusca(イタリア語協会)によれば、文法の間違いではなく両方あっていいという。
Boldrini議長は、だからil presidenteではなく la presidenteだ。

日本の女性政治家の数気になりますか?ぜひ調べてみてください。

参考番組:Corriere della Sera  |  Il Ruggito del coniglio( 6月16日放送分)

今週の格言 ” Riconoscere i torti – è dote di animi forti ”

(イタリア語講師 広瀬美穂)

Comments are closed.